11時00分現在の日経平均株価は20073.96円(前日比23.80円高)で推移している。26日の米国市場では主要企業の決算が好感され、NYダウは97ドル高となった。一方、注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明を受けてバランスシート縮小開始の時期に関して不透明感が広がり、円高・ドル安が進んだことから、本日の日経平均は23円安でスタートした。ただ、寄り付き後は決算が好感された銘柄に加え、業績期待の高い銘柄などに買いが入り、日経平均はプラスへと切り返している。



個別では、売買代金トップの任天堂<7974>が7%高となっている。前日発表した第1四半期決算が市場予想を上回った。日本電産<6594>も同様で4%超高。アドバンテス<6857>は決算を受けて売りが先行したが、足元では切り返している。その他、トヨタ自<7203>、ソニー<6758>、東エレク<8035>、ファナック<6954>、村田製<6981>などがしっかり。中小型株では日理化<4406>やWSCOPE<6619>が活況を見せている。また、日精線<5659>、戸田工<4100>、沖電線<5815>などが東証1部上昇率上位に顔を出している。一方、ソフトバンクG<9984>が小安く、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、みずほ<8411>などがさえない。前日思惑買いが向かった東芝<6502>は急反落。また、VOYAGE<3688>、ユアテック<1934>、レナウン<3606>などが東証1部下落率上位に顔を出している。



(株式アナリスト 小林大純)