ドル・円は110円90銭台で下げ渋る展開。米連邦準備制度理事会(FRB)のハト派寄りの見解を受けドル売りの流れに変わりはないが、日経平均株価が切り返し後もプラス圏を維持しており、円買いは弱まったもよう。ただ、ドルは買いの手がかりが見当たらず、反転は想定しにくい。



ここまでのドル・円の取引レンジは110円90銭から111円23銭、ユーロ・円は130円10銭から130円56銭、ユーロ・ドルは1.1724ドルから1.1748ドルで推移した。