続伸。売り先行で始まったが、引き続き節目の2万円処での底堅さが意識された。同水準に位置する5日線が支持線となり、その後は25日線を突破する場面もみられている。2万円を挟んでの煮詰まり感が台頭するなか、もち合いレンジの上限突破を試す展開が期待される。一目均衡表では雲上限の切り上がりに沿ったリバウンドを継続しており、転換線、基準線を突破しつつある。遅行スパンは実線を割り込んでおり、下方シグナルが継続している。ただし、実線が20100-20200円処に位置しており、もち合いレンジの上限を試してくるようだと、上方シグナル発生への確率が高まろう。また、価格帯出来高が20000-20200円で積み上がっていることもあり、レンジ上限をクリアしてくるようだと、トレンドが強まりやすいだろう。引き続き20000-20200円のレンジ突破を見極める展開。