27日のドル・円相場は、東京市場では110円78銭から111円28銭で推移。欧米市場でドル・円は一時111円71銭まで買われたが、111円28銭で取引を終えた。



本日28日のドル・円は主に111円台で推移か。米長期金利の反発や原油高を意識して、リスク選好的なドル買い・円売りが増える可能性がある。



米商務省が27日発表した6月耐久財受注統計で、コア資本財(非国防資本財から航空機を除く)の出荷は5カ月連続で増加した。28日発表される4-6月期米国内総生産は前期比年率+2.7%と予想されており、成長率は1-3月期の+1.4%を大幅に上回る見通し。4-6月期は企業設備投資が米国経済の成長に寄与したとみられる。



4-6月期は個人消費もまずまず順調だったとみられているが、企業設備投資と個人消費が7-9月期以降も順調であれば2017年の米経済は2%超の成長は十分可能とみられている。国際通貨基金(IMF)が公表した最新の世界経済見通し(WEO)では、2017年と2018年の米国の成長率は2.1%と、前回4月の見通しから0.2ポイント引き下げられた。それでも英国、日本、ユーロ圏の成長見通しを上回っており、米長期金利は2.5%程度まで上昇してもおかしくないとの声が聞かれている。