ドル・円は111円付近でもみあう展開となっている。日経平均株価が前日比100円超下げ20000円を割り込んでおり、ややリスク回避的な円買いが強まりやすい。ただ、米10年債利回りが2.3%付近で下げ渋っていることや、110円台の押し目買いが観測され、ドルの下値の堅さが意識されているようだ。



ここまでのドル・円の取引レンジは110円93銭から111円33銭、ユーロ・円は129円56銭から130円00銭、ユーロ・ドルは1.1674ドルから1.1692ドルで推移した。