ドル・円はやや値を下げ、110円90銭台で推移している。日経平均株価の軟調地合い継続で引き続き円買いに振れやすい地合い。また、ユーロ・ドルが上昇しドル売り基調が強まっている影響で、ドル・円を押し下げているもよう。ただ、米金利の下げ渋りで、ドルの下値は引き続き弱くないようだ。



ここまでのドル・円の取引レンジは110円93銭から111円33銭、ユーロ・円は129円56銭から130円00銭、ユーロ・ドルは1.1671ドルから1.1696ドルで推移した。