ドル・円は110円90銭付近にやや値を下げる展開。日経平均株価が軟調地合いのまま取引を終えたほか、欧米株式先物がマイナス圏で推移しており、今晩の欧米株安を警戒したドル売り・円買いが観測される。ただ、米国の10年債利回りが前日比ほぼ横ばいで推移しており、積極的なドル売りは仕掛けづらいとみられる。



 ここまでのドル・円の取引レンジは110円88銭から111円33銭。ユーロ・円は129円56銭から130円00銭、ユーロ・ドルは1.1671ドルから1.1701ドルで推移。