28日のロンドン外為市場では、ドル・円は111円06銭から111円29銭で推移した。米国の4-6月期GDP速報値発表待ちのなか、米国10年債利回りが2.33%台まで上昇し、ドル買いが優勢気味になった。



 ユーロ・ドルは1.1697ドルから1.1724ドルまで上昇。ユーロ圏・7月景況感指数や独・7月消費者物価指数速報値の上振れを受けて、ユーロ買いになった。ユーロ・円は129円95銭から130円39銭まで上昇した。



 ポンド・ドルは1.3073ドルから1.3100ドルで推移。ドル・スイスフランは0.9674フランから0.9727フランまで上昇した。