【続伸、ソーバルがストップ高で上昇率トップ】24日(月)



■概況■3340.11、+13.26

24日(月)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、J-Stock Indexは続伸、JASDAQ-TOP20が反落となった。値上がり数は364、値下がり数は251、変わらずは81。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。大型株が冴えないなか、物色は中小型株に向かい、終日上げ幅を広げる展開となり、今日の高値圏で取引を終えた。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新している。



◆注目銘柄◆

ソーバル<2186>がストップ高で上昇率トップ。8月31日を基準日とした1株につき2株の割合での株式分割実施発表や実質増配などが好感された。植松商会<9914>は第1四半期の大幅営業増益、JエスコムHD<3779>は18年3月期の上期・通期損益見通しを上方修正し、それぞれ関心を集める。 クロスフォー<7810>は、本日も値動きの軽い直近IPO銘柄として短期資金の流入が継続。INEST<3390>は、光通信<9435>関連として関心が続く。アグレ都市D<3467>は、7月28日付で東証2部へ市場変更するとの発表が材料視された。 その他、ヒップ<2136>、シンワアートオークション<2437>、ビーマップ<4316>、フライングガーデン<3317>などが上昇率上位にランクイン。



--------------------------------------





【続伸、シンワアートには物色継続】25日(火)



■概況■3356.07、+15.96

25日(火)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均は続伸、J-Stock Indexは反落、JASDAQ-TOP20は続落となった。値上がり数は377、値下がり数は236、変わらずは92。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。寄り付き後は狭いレンジ内での推移ではあったが、終日堅調な値動きとなった。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新している。



◆注目銘柄◆

トミタ電機<6898>が上昇率トップ。電気自動車関連の低位株として関心を集めたもよう。足元で物色が継続していたシンワアート<2437>は、同社及び子会社のエーペックが税理士法人ネイチャー国際資産税と海外不動産販売の紹介事業に関する業務提携を締結したと発表しており、こちらも材料視されたようだ。ソーバル<2186>は、株式分割や実質増配など好感した買いが続く。北朝鮮のミサイル発射準備観測などが材料視され細谷火工<4274>も買われる展開。テラ<2191>は、国際戦略総合特別区域の計画変更が内閣府により認定されたことに伴い、連結子会社のテラファーマが7月11日付で神奈川県より「指定法人」として指定されたと発表したことで関心を集めた。その他、オービス<7827>、タカチホ<8225>、アイフリーク<3845>、両毛システムズ<9691>などが上昇率上位にランクイン。



--------------------------------------

【続伸、テセックがストップ高で上昇率トップ】26日(水)



■概況■3364.02、+7.95

26日(水)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均は続伸、J-Stock IndexとJASDAQ-TOP20が反発となった。値上がり数は366、値下がり数は252、変わらずは91。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。前場は小幅ながらじりじりと上げ幅を広げたものの、後場には利益確定の動きも散見され、結局寄り付き水準で取引を終えている。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新。



◆注目銘柄◆

テセック<6337>がストップ高で上昇率トップ。第1四半期の決算を発表。営業利益は1.79億円となり、最終損益は1.90億円の黒字(同0.46億円の赤字)に転じた。18年3月期の通期予想に対して、第1四半期時点での営業利益進捗率は約45%と高く、ポジティブ視されたようだ。テラ<2191>は年初来高値更新。7月25日引け後に投資信託運用会社のレオス・キャピタルワークスが同社株式の保有に係る大量保有報告書を提出しており、材料視されたようだ。シンバイオ製薬<4582>は、抗がん剤「rigosertib」導入元が臨床研究プログラムを開始すると発表したことが手がかり材料に。その他、アイケイ<2722>、田中化研<4080>、シダー<2435>、ショーエイコー<9385>などが上昇率上位にランクイン。



--------------------------------------



【続伸、ブロードメディアが上昇率トップ】27日(木)



■概況■3370.91、+6.89

27日(木)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20が揃って続伸となった。値上がり数は314、値下がり数は307、変わらずは69。JASDAQ平均は買い先行で取引を開始。日経平均が後場に上げ幅を広げたのにともなって、JASDAQ平均も一時上げ幅を広げたが、終日狭いレンジ内での推移となった。なお、JASDAQ平均は年初来高値を更新している。



◆注目銘柄◆

ブロードメディア<4347>が上昇率トップ。同社投資先のポケット社がVR(仮想現実)機器「Galaxy Gear VR」向けプラネタリウムアプリ「ホームスターVR」を「OculusStore」にて配信開始したと発表したことで関心を集めた。栄電子<7567>は、加賀電子<8154>による株式取得への思惑も。テセック<6337>は、引き続き7月25日に発表した18年3月期第1四半期の決算を評価した買いが継続。田中化研<4080>は年初来高値更新。 欧州発の電気自動車(EV)シフトが加速していると一部メディアが報じており、EVに搭載されるリチウムイオン電池に関連した同社などに引き続き物色が向かった。岡藤HD<8705>は、前日に25日線を上抜け短期資金を集める。野村マイクロ<6254>は、韓国サムスン電子の好決算をうけて買いが向かったもよう。デュアルタップ<3469>は一部メディアで取り上げられたことが材料となったようだ。 その他、タケダ機械<6150>、国際計測器<7722>、小田原エンジニアリング<6149>、シンワアート<2437>などが上昇率上位にランクイン。



--------------------------------------



【反落、下落率トップは山加電業】28日(金)



■概況■3347.02、-23.89

28日(金)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20が揃って反落となった。値上がり数は194、値下がり数は429、変わらずは66。JASDAQ平均は小幅に売り先行で取引を開始。その後も下げ幅を広げ、後場には一段安の展開となった。



◆注目銘柄◆

インフォコム<4348>が上昇率トップ。後場に急伸し上場来高値更新。18年3月期第1四半期の決算を発表している。営業利益は前年同期比4倍の6.51億円で着地したことが買い材料視された。プラマテルズ<2714>は、18年3月期第1四半期の営業利益が前年同期比2.1倍の3.00億円と大幅な増益で着地した。通期予想を据え置いているが、好調な出足が好感されたもよう。 アサカ理研<5724>は、ハイブリッド車やハイテク家電に必要なレアアース(希土類)のスポット(随時契約)価格が上昇しているとの報道をうけて、関連銘柄として物色が向かったようだ。アイケイ<2722>も同じく上場来高値を更新。いちよし証券が会社計画は保守的と指摘したレポートを公表したことで、業績期待が高まったもよう。 その他、石垣食品<2901>、ニレコ<6863>、INEST<3390>、リーダー電子<6867>などが上昇率上位にランクイン。



--------------------------------------