マザーズ指数

計測実績値1162.94(7/28)



予測値 1160.94

レンジ1104.34 - 1220.44

(上昇確率48.6%)



東証マザーズ指数は7月安値(1144.07pt)近辺まで調整する可能性があるだろう。足元で米ハイテク株高の一服感が強まっているが、これに伴う投資家のリスク選好姿勢の後退が新興市場に影響する場面も目立つようになってきた。主力大型株において決算などを手掛かりとした個別物色が活発であり、新興市場に投資家の関心が向かいやすい状況とも言えない。





「Scorobo@ for Fintech」とは、テクノスデータサイエンス・エンジニアリングが構築した独自アルゴリズム搭載の人工知能(AI)製品Scorobo(スコロボ)とフィスコの経験豊富なアナリストにより考え出された数十にも亘る株式投資ロジック、1,000以上に及ぶ株式市場指数、全上場企業の各種情報を用いた人工知能エンジン。