NY原油

計測実績値 48.97(7/28)



予測値 48.86

レンジ46.43 - 51..42

(価格上昇確率48.2%)



需給バランスの回復への期待が引き続き材料視されよう。ロシアのエネルギー相はこの動きが年末にかけて加速するとの見方を示したことも支援材料になりそうだ。一方で、節目の50ドルに接近してきており、強弱感が対立しやすい水準である。雇用統計など重要な指標の発表が相次ぐことも手掛けづらくさせよう。





「Scorobo@ for Fintech」とは、テクノスデータサイエンス・エンジニアリングが構築した独自アルゴリズム搭載の人工知能(AI)製品Scorobo(スコロボ)とフィスコの経験豊富なアナリストにより考え出された数十にも亘る株式投資ロジック、1,000以上に及ぶ株式市場指数、全上場企業の各種情報を用いた人工知能エンジン。