31日午前の東京市場でドル・円は一時110円40銭を下回っており、6月15日以来の安値圏で取引されている。仲値時点のドル需要は通常並だったようだ。日経平均株価は小幅安で推移しているが、株安継続の場合、ドルが111円台に反発する可能性は低いとみられる。ここまでのドル・円の取引レンジは110円31銭から110円69銭。

・ユーロ・円は、129円55銭から130円00銭で推移

・ユーロ・ドルは、1.1735ドルから1.1762ドルで推移



■今後のポイント

・110円近辺で顧客筋、個人勢のドル買い興味

・1ドル=112円-115円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性



・NY原油先物(時間外取引):高値50.06ドル 安値49.81ドル 直近値49.82ドル