ドル・円は110円50銭付近に値を戻す展開。日経平均株価はマイナス圏ながらやや下げ幅を縮小。また、米10年債利回りが持ち直ししており、ドル売り・円買いの流れが一服したもよう。ただ、ドル買い材料が乏しく、目先の戻りは限定的となりそうだ。



ここまでのドル・円の取引レンジは110円31銭から110円69銭、ユーロ・円は129円55銭から130円00銭、ユーロ・ドルは1.1735ドルから1.1762ドルで推移した。