ドル・円は110円40銭台でもみあう展開となっている。日経平均株価は前場弱含んだが後場反転への期待が残され、リスク回避的な円買いは弱まったようだ。ただ、米10年債利回りが伸び悩んでいることから、ドルは買いが強まっておらず戻りは限定的となりそうだ。



ここまでのドル・円の取引レンジは110円31銭から110円69銭、ユーロ・円は129円55銭から130円00銭、ユーロ・ドルは1.1735ドルから1.1762ドルで推移した。