14時00分時点の日経平均は前日比0.74円安の19959.10円で推移している。ここまでの高値は9時27分の19983.90円、安値は9時03分の19891.90円。後場に入り下げ幅を縮め、一時プラスに転じる場面もあった。



為替市場では、ドル円は110円50銭を挟んで推移しており、目立った動きは観測されていない。



売買代金上位では、三菱UFJ<8306>やみずほ<8411>、三井住友<8316>などメガバンクのほか、任天堂<7974>、エプソン<6724>、トヨタ自<7203>、日立<6501>、武田薬<4502>、デンソー<6902>、TDK<6762>、三菱電<6503>が堅調。一方で、ソフトバンクG<9984>、東芝<6502>、ファナック<6954>、日産自<7201>、東エレク<8035>は堅調。