ドル・円は一時110円71銭まで値を切り上げたが、足元はドル買い一服となり110円60銭台で推移。欧州株は全面高、米株式先物はプラス圏推移が続き、欧米株高を見込んだ円売りが優勢のようだ。ただ、米国10年債利回りは2.29%付近で推移し、前日比ほぼ横ばいであり、ドル買いは限定的になっている。



 ここまでのドル・円の取引レンジは110円61銭から110円71銭。ユーロ・円は129円70銭から129円94銭、ユーロ・ドルは1.1724ドルから1.1744ドルで推移。