11時00分現在の日経平均株価は19982.41円(前日比57.23円高)で推移している。31日の米国市場ではNYダウが4日連続で最高値を更新する一方、主力ハイテク株は引き続き売られた。また、対ドルでのユーロ高や米政権運営の先行きに対する懸念を背景に円相場が一時1ドル=110.20円台まで上昇したこともあり、本日の日経平均は18円安からスタートした。ただ、寄り付き後は前日と同様に好業績株に買いが入り、日経平均はプラスへと切り返すと節目の2万円に迫る場面があった。



個別では、前日に決算発表した三井住友<8316>が2%超、オリックス<8591>や日東電<6988>が3%超高で推移している。第1四半期が市場予想を上回る大幅増益となったスタートトゥ<3092>は商いを伴って12%近い上昇。その他、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>、ファナック<6954>などがしっかり。また、宇徳<9358>、NSW<9739>、産車体<7222>などが東証1部上昇率上位となっている。一方、売買代金トップのエプソン<6724>が急反落。本日より日経平均構成銘柄に新規採用され、材料出尽くし感が広がったようだ。東エレク<8035>は3%安。GMO<9449>やぐるなび<2440>は決算を受けて大きく売られている。その他、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、みずほ<8411>などがさえない。また、協栄産<6973>、テクマト<3762>、ハリマ化成G<4410>などが東証1部下落率上位となっている。



(株式アナリスト 小林大純)