空運が上昇率トップ。JAL<9201>、ANA<9202>のインパクトが大きい。JAL<9201>は外資系証券による目標株価の引き上げが観測されており、これが材料視されたとみられる。足元で調整をみせていたこともあり、リバウンドが意識されやすいタイミングでもあった。その他、銀行、陸運、金属製品、保険がしっかり。一方で電気機器、非鉄金属、ガラス土石、鉄鋼、その他製品が下落。





業種名/現在値/前日比(%)

1. 空運業 / 308.18 / 2.24

2. 銀行業 / 186.00 / 1.80

3. 陸運業 / 2,083.24 / 1.76

4. 金属製品 / 1,399.50 / 1.73

5. 保険業 / 982.89 / 1.61

6. 水産・農林業 / 541.05 / 1.47

7. 建設業 / 1,301.80 / 1.42

8. 小売業 / 1,175.29 / 1.37

9. その他金融業 / 648.80 / 1.36

10. 繊維業 / 744.74 / 1.15

11. 食料品 / 1,958.25 / 1.05

12. 不動産業 / 1,410.44 / 1.02

13. 電力・ガス業 / 455.98 / 0.99

14. パルプ・紙 / 525.92 / 0.86

15. 卸売業 / 1,357.46 / 0.85

16. 精密機器 / 5,428.90 / 0.63

17. ゴム製品 / 3,553.49 / 0.62

18. 化学工業 / 1,901.81 / 0.61

19. 輸送用機器 / 2,857.55 / 0.59

20. 倉庫・運輸関連業 / 1,642.91 / 0.41

21. 医薬品 / 2,650.70 / 0.38

22. サービス業 / 1,817.51 / 0.38

23. 情報・通信業 / 3,452.63 / 0.36

24. 鉱業 / 309.74 / 0.31

25. 機械 / 1,808.30 / 0.27

26. 海運業 / 341.31 / 0.21

27. 証券業 / 399.74 / 0.11

28. 石油・石炭製品 / 1,049.91 / -0.10

29. その他製品 / 2,669.00 / -0.12

30. 鉄鋼 / 585.80 / -0.49

31. ガラス・土石製品 / 1,163.20 / -0.52

32. 非鉄金属 / 1,110.94 / -0.63

33. 電気機器 / 2,280.30 / -0.74