3営業日ぶり反発。売り先行で始まったが19900円をキープしており、その後プラス圏を回復すると大引け間際には節目の2万円を回復する場面をみせている。ただし、5日線が上値抵抗線として意識されているほか、一目均衡表では雲上限のほか、転換線、基準線等が抵抗として意識されている。遅行スパンは下方シグナルが継続している。ボリンジャーバンドでは-1σと-2σとのレンジ内での推移。週足では13週線での攻防となるが、本日の段階では終値で13週線を上回っている。週足の一目均衡表では転換線が上値抵抗として意識されている状況ではある。下値の堅さが意識されるものの、短期シグナルが悪化傾向にあり、下値固めの中での日柄調整といったところか。