1日のロンドン外為市場では、ドル・円は110円09銭から110円53銭まで上昇した。ドル売り先行も下げ渋り、ポンド・円の上昇をきっかけに買い戻しが優勢になった。



 ユーロ・ドルは1.1805ドルから1.1833ドルで推移。ユーロ圏の4-6月期GDP速報値は前年比伸びが拡大したが、対ポンドでのユーロ売りが波及してじり安になった。ユーロ・円は130円21銭から130円56銭まで上昇した。



 ポンド・ドルは1.3197ドルから1.3240ドルで推移。英国の7月製造業PMIの大幅な上振れを受けて、ポンド買いが一時強まった。ドル・スイスフランは0.9639フランから0.9672フランで推移した。