ドル・円は110円70銭台でもみ合う展開となっている。日経平均株価が大引けにかけて上げ幅を縮小したことで、円売りはやや弱まったとみられる。また、引き続き米国10年債利回りが2.26%台で推移し、前日比ほぼ横ばいになっていることから、ドル買いを仕掛けづらい地合い。ユーロ・円の買い戻しも一服しているようだ。



 ここまでのドル・円の取引レンジは110円31銭から110円92銭。ユーロ・円は130円18銭から131円18銭、ユーロ・ドルは1.1794ドルから1.1830ドルで推移。