ドル・円は110円70銭台でもみ合う展開が続く。ユーロ・円の上昇一服を受け、ドル・円はやや伸び悩む状況。米国10年債利回りも2.27%台で小幅上昇であり、積極的にドル買いは仕掛けづらいようだ。ポンド・ドルは英国の7月建設業PMIの大幅低下にも、明日の英中銀金融委員会を控え、底堅い展開になっている。



 ここまでのドル・円の取引レンジは110円69銭から110円89銭。ユーロ・円は131円09銭から131円40銭、ユーロ・ドルは1.1830ドルから1.1868ドルで推移。