ユーロ・ドルは、1.0458ドル(2015/3/16)まで下げた後、一時1.1714ドル(2015/8/24)まで反発したが、1.0524ドル(2015/12/03)まで反落。1.1616ドル(2016/05/03)まで戻した後に1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行が金融緩和策縮小を検討するとの思惑で1.1910ドル(2017/08/2)まで上昇した。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後124円10銭(2016/12/15)から114円85銭(2017/04/17)の範囲内で推移したが、欧州中央銀行の金融緩和策縮小観測などを意識して、131円40銭(2017/08/2)まで買われている。



本日のユーロ・円は、131円前後で推移か。ユーロ圏の金利先高観がただちに後退する状況ではないことから、米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロの対円レートは130円台後半で下げ渋る展開となりそうだ。



【ユーロ売り要因】

・米バランスシートの早期縮小観測残る

・ユーロ圏と米国の金利差拡大観測

・ユーロ圏の成長加速に対する懐疑的な見方



【ユーロ買い要因】

・ドイツの景況感改善

・ユーロ圏の失業率低下

・年内の米利上げ観測後退