ドル・円はやや値を下げる展開となり、110円60銭付近で推移。欧州勢がユーロ買い・ドル売りを強めた影響で、ドル・円でもドル売りに振れているもよう。また、欧州株式市場ではほぼ全面安の展開であり、ややリスク回避的な円買いに傾きやすい状況になっている。



 ここまでのドル・円の取引レンジは110円58銭から110円83銭。ユーロ・円は130円89銭から131円33銭、ユーロ・ドルは1.1834ドルから1.1859ドルで推移。