ドル・円は110円台を維持。足元は110円10銭付近でもみ合う展開が続いている。ユーロ・ドルの上昇基調を受け、ドルには下押し圧力がかかりやすい。ただ、米ダウ先物がプラス圏で推移しており、今晩のダウ続伸を見込んで円は買いづらい面も。米国の7月雇用統計の発表待ちムードも強いもよう。



 ここまでのドル・円の取引レンジは109円85銭から110円19銭。ユーロ・円は130円51銭から130円88銭、ユーロ・ドルは1.1869ドルから1.1889ドルで推移。