ドル・円は110円10銭付近でもみ合いが続いている。欧州株の寄り付きは強弱まちまちとなっているほか、米国10年債利回りは午後以降、2.22%台でほぼ横ばい推移。一方、ドイツの6月製造業受注の上振れを受けて、ユーロ・ドルはやや買い優勢気味になっている。



 ここまでのドル・円の取引レンジは109円85銭から110円19銭。ユーロ・円は130円51銭から130円88銭、ユーロ・ドルは1.1869ドルから1.1889ドルで推移。