4日のロンドン外為市場では、ドル・円は110円01銭から110円13銭で推移した。米国の7月雇用統計の発表待ちで小動きだったが、クロス円の売りに一時押され気味になった。



 ユーロ・ドルは1.1888ドルから1.1863ドルまでじり安に推移。利益確定とみられるユーロ売りが優勢になった。ユーロ・円は130円88銭から130円60銭まで下落した。



 ポンド・ドルは1.3162ドルから1.3136ドルまで下落。ドル・スイスフランは0.9671フランから0.9689フランで推移した。