ドル・円は110円70銭付近で動意の薄い展開。日経平均株価の堅調地合いや米株式先物のプラス圏推移を背景に、リスク選好的なドル買い・円売りに振れやすい地合いが続く。米10年債利回りが2.27%付近で伸び悩み、ドルの上昇を阻止しているようだ。



ここまでのドル・円の取引レンジは110円65銭から110円85銭、ユーロ・円は130円34銭から130円62銭、ユーロ・ドルは1.1772ドルから1.1802ドルで推移した。