10時10分時点の日経平均は前日比15.52円安の20040.37円で推移している。本日の日経平均はハイテク株中心に買い先行となるも、次第に利食い優勢に。



為替市場では、ドルは110円70銭台で推移している。日経平均株価は小幅安で推移しているが、現時点で株安を意識したドル売りは限定的。目先的にドルはやや底堅い動きとなりそうだと市場関係者は話している。





売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、三菱UFJ<8306>、三井住友FG<8316>、ホシザキ<6465>、みずほ<8411>が軟調。一方で、任天堂<7974>、KLab<3656>、GSユアサ<6674>、トヨタ自<7203>、ルック<8029>、ソニー<6758>、東京エレクトロン<8035>、ダブル・スコープ<6619>は堅調。