ドル・円は110円60銭付近でもみあう展開となっている。日経平均株価が20000

円を割り込む水準で弱含んでおり、ややリスク回避的なドル売り・円買いに振れやすいようだ。ただ、米10年債利回りが2.258%と底堅く推移し、ドル売りは強まっていないもよう。



ここまでのドル・円の取引レンジは110円57銭から110円81銭、ユーロ・円は130円58銭から130円83銭、ユーロ・ドルは1.1791ドルから1.1825ドルで推移した。