反落。前日比変わらずの水準で始まったが、その後は前日突破していた25日線、5日線を下回り、2万円を挟んでの攻防となった。一目均衡表では雲上限や転換線、基準線での攻防となっており、強弱感が対立しやすい状況。遅行スパンは直近のもち合いレンジでの推移となり、再び下方シグナルを発生させている。ボリンジャーバンドでは中心値(25日)を挟んで、+1σと-1σとのレンジで推移。ただ、バンドが横ばい推移しているため、トレンドが出難い状況である。週間形状では13週線での攻防をみせており、支持線としてキープできるかを見極めたいところである。ただし、出来高が7月末を直近のピークとして、その後は減少傾向にあるため、やや下へのバイアスが強まりそうである。