11時08分現在の日経平均株価は19718.07円(前日比277.94円安)で推移している。8日の米国市場では、北朝鮮情勢を巡り地政学リスクへの警戒感が高まったことから、NYダウは33ドル安と11日ぶりに反落した。為替市場も米債利回りが伸び悩むとともにドル売りが優勢となり、本日の日経平均はこうした流れを受けて67円安からスタートした。寄り付き後はドル・円が節目の1ドル=110円を割り込むとともに、日経平均も下げ幅を200円超に広げた。売り一巡後は19700円台半ばでのもみ合いとなっている。



個別では、任天堂<7974>、トヨタ自<7203>、ソフトバンクG<9984>、三菱UFJ<8306>、ソニー<6758>などが軟調。信越化<4063>は3%安とやや下げが目立つ。前日に上期決算を発表したSUMCO<3436>が商いを伴って11%安となっているほか、前日買われたIHI<7013>や第1四半期が営業減益となったオリンパス<7733>も急落している。また、田淵電<6624>、アーレスティ<5852>、アルプス技<4641>などが東証1部下落率上位に顔を出している。一方、決算が好感された住友鉱<5713>、ヤマハ発<7272>、ダイフク<6383>は大きく買われ逆行高。また、業績予想を上方修正したステラケミファ<4109>が活況を見せており、ゲオHD<2681>やノジマ<7419>などとともに東証1部上昇率上位に顔を出している。



(株式アナリスト 小林大純)