9日のロンドン外為市場では、ドル・円は109円66銭から109円87銭で推移した。北朝鮮をめぐる地政学的リスクの高まりを受けた円買いが先行した後、いったん利益確定とみられるドル買いになった。



 ユーロ・ドルは1.1722ドルから1.1753ドルで推移。ユーロ・円は128円61銭まで売られた後、129円11銭まで買い戻された。



 ポンド・ドルは1.3020ドルから1.2985ドルまで下落。ドル・スイスフランは0.9612フランから0.9654フランで推移した。