10時10分時点の日経平均は前日比9.41円高の19748.12円で推移している。前日に大きく下落した反動から自律反発の流れとなっている。決算が好感された資生堂<4911>は14%超の上昇。好業績銘柄や防衛関連銘柄等が買われている。



為替市場では、ドルは110円00銭台で推移している。日経平均株価の上げ幅はさらに縮小しているが、現時点でリスク回避的なドル売り・円買いは増えていないようだ。



売買代金上位では、資生堂<4911>、トヨタ自<7203>、アルバック<6728>、ルック<8029>、信越化<4063>、三井金属<5706>、SUMCO<3436>が堅調。一方で、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクG<9984>、みずほ<8411>、三井住友FG<8316>、ソニー<6758>は軟調。