ドル・円は110円付近でもみあう展開が続いている。北朝鮮問題への過度な懸念は後退。ただ、日経平均株価が下げに転じたことが嫌気されたようだ。ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いが続き、日本株安の継続への思惑からリスク回避の円買いに振れやすい地合いとなろう。



ここまでのドル・円の取引レンジは109円90銭から110円18銭、ユーロ・円は129円24銭から129円55銭、ユーロ・ドルは1.1752ドルから1.1770ドルで推移した。