NY金先物8月限は続伸(COMEX金8月限終値:1283.70 ↑10.70)。1274.90ドルから1287.40ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。北朝鮮によるグアム島沖へのミサイル発射計画が明らかとなり、アジア・欧州株がほぼ全面安となり、米国株も売りが先行。地政学リスクの高まりを背景に投資家心理が悪化しており、安全資産である金に資金が流入した。日足チャートでは100日移動平均線を上放れており、1300ドル台を意識した展開となっている。