ドル・円は108円90銭台と、109円を割り込んで推移している。米朝対立による朝鮮半島有事への懸念が強まり、リスク回避的な円買いが強まりやすい。ただ、シカゴ日経平均先物は若干プラス圏で推移しており、足元の円買いをやや弱めているようだ。



ここまでのドル・円の取引レンジは108円91銭から109円22銭、ユーロ・円は128円21銭から128円58銭、ユーロ・ドルは1.1762ドルから1.1777ドルで推移した。