以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家株番長氏(ブログ「株番長の注目銘柄」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。



----



※2017年8月15日10時に執筆



リチウムイオン電池関連銘柄



世界中の自動車メーカーが電気自動車(EV)の開発に力を入れているなか、その需要が高まる可能性があるとして、電気自動車(EV)のバッテリーに使用されるリチウムイオン電池が注目されている。



■リチウムイオン電池と電気自動車(EV)

世界的に電気自動車(EV)へのシフトが加速している。電気自動車(EV)は基本的に、リチウムイオン電池が動力源だ。先日も、日立造船<7004>が、2020年を目標に固体化した小型リチウムイオン電池の販売を開始すると報じられるなど各所で動きが見られる。電気自動車(EV)を含め、リチウムイオン電池は今後、多くの需要が見込めるだろう。



リチウムイオン電池関連銘柄-大吉-

<6674>GSユアサ

同社は、自動車用のバッテリーや鉛蓄電池などを製造している企業だ。最近では電気自動車用のリチウムイオン電池に力を入れており、リチウムイオン電池関連銘柄として注目されている。



リチウムイオン電池関連銘柄-中吉-

<7004>日立造船

2020年を目標に固体化した小型リチウムイオン電池の販売を開始するとの報道。



リチウムイオン電池関連銘柄-小吉-

<4004>昭和電工

リチウムイオン電池(LIB)材料用カーボン負極材などを手がける。



リチウムイオン電池関連銘柄-末吉-

<4047>関東電化工業

独自のフッ素化技術に強みを持つ中堅化学メーカー。



■リチウムイオン電池関連銘柄 総括

今後はリチウムイオン電池の改良による走行距離の伸長が大きなカギとなってくるだろう。現時点では、フル充電でもガソリン車にはまだまだかなわない。しかしながら、リチウムイオン電池自体は将来的に、自動車業界が主要な供給先にもなると考えられ、今後も関連銘柄には注目しておきたいところだ。



--------



執筆者名:株番長

ブログ名:株番長の注目銘柄