ユーロ・ドルは、1.1714ドル(2015/8/24)まで反発した後に1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行(ECB)は9月の理事会で金融緩和策縮小を検討するとの思惑などで1.2092ドル(2017/08/29)まで上昇した。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から134円41銭(2017/09/22)まで買われた。スペイン・カタルーニャ自治州の独立は困難との見方が依然として多く、投機的なユーロ売りがただちに広がる可能性は低いとみられる。



本日のユーロ・円は主に133円台後半で推移か。米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロの対円レートは133円台前半で下げ渋る展開になりそうだ。



【ユーロ売り要因】

・ECBは金融緩和策の早急な縮小は計画していないとの見方

・米年内追加利上げ&バランスシート縮小開始

・スペイン内政不安



【ユーロ買い要因】

・ECBは10月にQE縮小計画を発表するとの見方

・米長期金利低下

・スペイン・カタルーニャ自治州の独立は困難との見方