ユーロ・ドルは、1.1714ドル(2015/8/24)まで反発した後に1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行(ECB)は9月の理事会で金融緩和策縮小を検討するとの思惑などで1.2092ドル(2017/08/29)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から134円50銭(2017/10/25)まで買われたが、ECBの量的緩和策は2018年末まで継続との思惑でリスク選好的なユーロ買はやや縮小している。



本日のユーロ・円は主に132円台前半で推移か。米ドル・円相場に大きな動きは出ていないが、新たなユーロ買い・円売り材料が提供されない場合、ユーロの対円レートは132円台後半で上げ渋る展開となりそうだ。



【ユーロ売り要因】

・ECBは金融緩和策の縮小を慎重に進める方針

・米年内追加利上げ&バランスシート縮小開始

・ECBは低金利政策を長期間維持する方針



【ユーロ買い要因】

・米税制改革の年内実現に対する懐疑的な見方

・英国とユーロ圏の金利差拡大の思惑はやや後退

・日銀は現行の金融緩和策を長期間継続する可能性