以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「株大臣福ちゃん」氏(ブログ「株大臣福ちゃんの株会議」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。



----



※2017年12月22日15時に執筆



日本経済を担っている業界の一つとして「インフラ」がある。インフラは、電力やガス、鉄道やインターネット、建設など、自分たちの生活を支える上で大事なモノだ。しかし、日本のインフラは国内だけではなく、海外でも役立っている。今回は、そのあたりを少し掘り下げ、インフラ輸出銘柄について紹介してみたい。



〇日本のインフラ事情とは?

まず、日本のインフラ事情についてだ。日本では、1950年代より始まった高度経済成長期に、インフラが一気に整備されてきた。さらに、1964年に「東京オリンピック」、1972年には「札幌オリンピック」で、会場付近の道路も整備されてきた。



その後、昭和終期〜平成初期にかけて「バブル経済」が訪れ、インフラ企業のなかでも儲かる企業が増えたわけだが、ここで状況が一転する。バブル経済が終了してからは、不景気の世の中になり、インフラ企業だけに限らずだが、暗黒の日々が訪れた。「失われた20年」と名称がつくぐらい、深刻な状況であった。



そして現在では、高度経済成長期に整備されたインフラ設備(水道管・高速道路など)では、経年劣化による「破損」も起こっている。そのため、日本のインフラはボロボロになりつつあると言っても良いだろう。



〇インフラ輸出は日本経済に活力を与える

日本のインフラ設備は、時間の経過の影響でボロボロになってきている部分も多いが、インフラ関連の製造能力自体は高いと言われている。例えば、日本で製造した鉄道を海外へ輸出したり、電力技術を日本以外の国で生かしたりと、さまざまな面で貢献していることは言うまでもない。



こうした日本のインフラ技術が世界中に認められれば、評判が評判を呼び、海外からの注文へとつながる可能性は十分にあるだろう。その結果、日本経済に活力を与えられれば、株式市場にも大きな影響を与えるのではないだろうか。最近では、日本以外にも中国や韓国など競合国が現れてきたことは事実だが、何とか日本の技術を世界中に広めていってほしいところだな。



○インフラ輸出関連銘柄



<1802>大林組

同社は規模も大きい建設会社大手だ。国内だけではなく、海外にも至る場所に事業所があるため、海外の建設にも大きく携わっている。今後も、インフラ輸出関連として期待できる銘柄だろう。



<1812>鹿島

北米やヨーロッパ、オセアニアなど世界各国で建築事業に携わっている。最近では「国立シンガポール経営大学」の新築工事など、海外行政の仕事にも携わっており、注目度は高い。



<5401>新日鐵住金

同社はステンレスや鉄鋼など、建設や製造で使う部品の輸出を行っている。営業所や製鉄所、研究所も世界各国にあり、業績も安定的な有力候補と言えるだろう。



<1606>日本海洋掘削

同社は石油・天然ガス開発の事業に取り組んでいる。世界中の海で、日々掘削作業を行っており、海底に水道管を設置する工事もなども行っている。国内での競合企業があまりないため、インフラ輸出関連として今後注目の銘柄だ。



<6301>コマツ

同社は、建設車両などの販売・リースを行っている。2020年のオリンピックなど、建設工事がなくならない限り今後も需要はあり続けるだろう。



〇インフラ輸出関連銘柄・福ちゃん的まとめ

インフラ輸出関連事業は、海外で必要とされ続ける限り生き残る事業だ。日本以外でも未開拓地域はたくさん残っているため、今後もインフラ輸出の発展は重要だ。ただ、日本の技術が廃ればそれは意味がなくなる。日本の技術品質を今後も落とさないかが、先々のポイントとなってくるだろう。



このほかにも様々なテーマ株における銘柄紹介をブログにて定期的におこなっている。検索サイトで「株大臣福ちゃんの株会議」と検索してもらって是非ともチェックして欲しい。



----



執筆者名:株大臣福ちゃん

ブログ名:株大臣福ちゃんの株会議