<円債市場>

長期国債先物2017年3月限

寄付150円77銭 高値150円79銭 安値150円67銭 引け150円72銭

売買高総計24576枚



2年 384回 -0.140%

5年 134回 -0.100%

10年 349回  0.050%

20年 163回  0.570%



債券先物3月限は、150円77銭で取引を開始。前日の米国の長期金利低下を受けて買いが先行し、150円79銭まで上げた。その後、日銀の「当面の長期国債等の買い入れの運営方針」発表を控え、持ち直し調整とみられる売りが優勢になり、150円67銭まで下落した(取引終了後、日銀は「1月の長国買い入れ予定は12月から変更なし」と発表)。現物の取引では、2年債が売られ、5年債、10年債、20年債が買われた。



<米国債概況>

2年債は1.90%、10年債は2.44%、30年債は2.77%近辺で推移。

債券利回りは上昇。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は0.42%、英国債は1.20%で推移、オーストラリア10年債は2.66%、NZ10年債は2.72%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・22:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:24.0万件、前回:24.5万件)

・22:30 米・11月卸売在庫速報値(前月比予想:+0.3%、10月:-0.5%)

・23:45 米・12月シカゴ購買部協会景気指数(予想:62.0、11月:63.9)

・03:00 米財務省7年債入札(280億ドル)