<円債市場>

長期国債先物2018年3月限

寄付150円45銭 高値150円49銭 安値150円35銭 引け150円35銭

売買高総計36646枚



2年 384回 -0.125%

5年 133回 -0.080%

10年 349回  0.080%

20年 163回  0.600%





債券先物3月限は150円45銭で取引を開始し、一時150円49銭まで上昇したが、

10年国債入札は無難な結果となり、特に強い内容ではなかったことから、

債券先物はやや上げ渋った。10年国債入札における最低落札価格は100円20銭、

平均落札価格は100円21銭、応札倍率は3.74倍だった。最低落札価格は市場

予想をやや上回った。現物債の取引では長期債の気配が甘くなった。債券

先物は150円35銭でこの日の取引を終えた。





<米国債概況>

2年債は1.96%、10年債は2.54%、30年債は2.89%近辺で推移。利回りは

若干低下。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は0.53%、英国債は1.28%、オーストラリア国債は2.72%、

NZ国債は2.83%近辺で推移。



[本日の主要政治・経済イベント]



・21:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:+0.7%)

・22:30 米・12月輸入物価指数(前月比予想:+0.4%、11月:+0.7%)

・23:00 エバンス米シカゴ連銀総裁が討論会出席(経済と金融政策の見通し)

・23:10 カプラン米ダラス連銀総裁質疑応答

・24:00 米・11月卸売在庫改定値(前月比予想:+0.7%、速報値:+0.7%)

・03:00 米財務省10年債入札(200億ドル)

・03:30 ブラード米セントルイス連銀総裁講演(米経済見通し)

(海外のスケジュールで表示されている時間は日本時間)