日本時間11日午後10時30分に発表された米・12月生産者物価指数は予想を下回り、前月比-0.1%となった。また、米・先週分新規失業保険申請件数は予想を上回り、26.1万件となった。



 発表後、ドル・円は111円63銭から111円41銭まで下落し、ユーロ・ドルは1.2014ドルから1.2035ドルまで上昇しており、ドル売りが優勢になっている。米国10年債利回りは2.5569%から2.5514%まで低下している。



【経済指標】

・米・12月生産者物価指数:前月比-0.1%(予想:+0.2%、11月:+0.4%)

・米・12月生産者物価コア指数:前月比-0.1%(予想:+0.2%、11月:+0.3%)

・米・12月生産者物価指数:前年比+2.6%(予想:+3.0%、12月:+3.1%)

・米・12月生産者物価コア指数:前年比+2.3%(予想:+2.5%、11月:+2.4%)

・米・先週分新規失業保険申請件数:26.1万件(予想:24.5万件、前回:25.0万件)

・米・失業保険継続受給者数:186.7万人(予想:192.0万人、前回:190.2万人←191.4万人)