12日午後の東京市場でドル・円は111円20銭台でこう着。日経平均株価は小幅安や米10年債利回りの伸び悩みが続き、積極的なドル買い・円売りは手控えられているもよう。一方、前日の欧州中銀(ECB)理事会の議事要旨公表後に堅調地合いとなったユーロ・ドルの値動きが警戒されているようだ。



ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円06銭から111円34銭、ユーロ・円は133円82銭から134円14銭、ユーロ・ドルは1.2032ドルから1.2067ドルで推移した。