■NY株式:NYダウ53ドル安、米中高官協議の再開で見極めムード



米国株式相場はまちまち。ダウ平均は53.22ドル安の25053.11、ナスダックは9.71ポイント高の7307.91で取引を終了した。本日は、米中高官協議の再開を受けて、今後の展開を見極めたいとの思惑が広がったほか、15日のつなぎ予算の失効期限を控えて、共和・民主両党の協議が難航しており、政府機関閉鎖への懸念から小動きとなった。セクター別では、運輸や耐久消費財・アパレルが上昇する一方でメディアやテクノロジー・ハード・機器が下落した。



電気自動車のテスラ(TSLA)は、一部アナリストによる投資判断引き上げを受け上昇。レストラン運営のレストラン・ブランズ・インターナショナル(QSR)は、既存店売上高が予想を上振れ堅調推移。一方で、大手行のモルガン・スタンレー(MS)は、企業向け株式報酬プラン管理サービスを手掛けるカナダのソリアム・キャピタルと約9億ドルで買収合意したものの軟調推移。携帯端末のアップル(AAPL)は、市場調査会社IDCによると10-12月期の中国向けiPhone出荷台数が20%減となり小幅下落。



メイ英首相は、欧州連合(EU)離脱に関する報告書を明日にも議会に提出する予定。しかし、離脱後もEUとの関税同盟に残留するという野党・労働党の提案は検討しておらず、引き続き先行きは不透明だ。



Horiko Capital Management LLC





■NY為替:欧州の政治・経済への不安でユーロ売り強まる



11日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円20銭から110円47銭まで上昇し、110円38銭で引けた。米中貿易協議再開への期待で米債利回り上昇に伴うドル買い・円売りが優勢となった。ただ、米国政府機関が再度閉鎖されるリスクに直面しており、リスク選好的なドル買いは110円台前半で一服した。



ユーロ・ドルは、1.1315ドルから1.1267ドルまで下落し、1.1276ドルで引けた。域内経済の成長減速懸念や反欧州連合(EU)派が勢力を強めているとの報告が嫌気され、ユーロ売りに拍車がかかった。ユーロ・円は、124円88銭まで上昇後、124円42銭まで下落。ポンド・ドルは、1.2914ドルから1.2845ドルまで下落。予想を下回った昨年10−12月期の英国内総生産(GDP)を嫌気したポンド売りが加速した。ドル・スイスは、1.0032フランから1.0054フランまで上昇した。





■NY原油:反落で52.41ドル、ドル高を嫌気した売りが入る



NY原油先物3月限は反落(NYMEX原油3月限終値:52.41 ↓0.31)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比−0.31ドルの52.41ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時51.23ドルまで売られた。米中貿易協議進展への期待は残されているものの、主要通貨に対してドルが上昇したことを嫌って、ポジション調整的な売りが入った。米国株式が伸び悩んだこともやや意識されていたようだ。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  28.41ドル   +0.12ドル(+0.42%)

モルガン・スタンレー(MS) 40.21ドル   -0.60ドル(-1.47%)

ゴールドマン・サックス(GS)191.33ドル  -0.34ドル(-0.18%)

インテル(INTC)        48.77ドル   -0.07ドル(-0.14%)

アップル(AAPL)        169.43ドル  -0.98ドル(-0.58%)

アルファベット(GOOG)    1095.01ドル -0.05ドル(0.00%)

フェイスブック(FB)     165.79ドル  -1.54ドル(-0.92%)

キャタピラー(CAT)      128.93ドル  +0.33ドル(+0.26%)

アルコア(AA)         27.97ドル   +0.32ドル(+1.16%)

ウォルマート(WMT)      96.20ドル   +0.62ドル(+0.65%)

スプリント(S)         5.95ドル   +0.05ドル(+0.85%)