13日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円47銭から111円01銭まで下落し111円10銭で引けた。

米国の2月生産者物価指数(PPI)が予想を下回ったため米債利回りの低下に伴うドル売りが優勢となった。また、トランプ大統領が米中貿易協定の合意を急がない姿勢を示すと期待感が後退し、リスク選好の円売りが大きく後退した。



ユーロ・ドルは、1.1291ドルから1.1339ドルまで上昇し1.1330ドルで引けた。




ユーロ・円は、125円64銭から125円97銭まで上昇した。



ポンド・ドルは、1.3149ドルから1.3275ドルまで上昇した。英下院が採決で、合意ない離脱を阻止する決定をしたため、離脱延期への期待がさらに強まりポンドの買戻しが加速した。



ドル・スイスは、1.0069フランから1.0031フランまで下落した。




[経済指標]
・米・2月生産者物価指数:前月比+0.1%(予想:+0.2%、1月:-0.1%)
・米・2月生産者物価コア指数:前月比+0.1%(予想:+0.2%、1月:+0.3%)
・米・2月生産者物価指数:前年比+1.9%(予想:+1.9%、1月:+2.0%)
・米・2月生産者物価コア指数:前年比+2.5%(予想:+2.6%、1月:+2.6%)
・米・1月耐久財受注速報値:前月比+0.4%(予想:-0.4%、12月:+1.3%←+1.2%)
・米・1月耐久財受注(輸送用機除く)速報値:前月比-0.1%(予想:+0.1%、12
月:+0.3%←+0.1%)
・米・1月製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防)速報値:前月比+0.8%(予
想:-0.2%、12月:+0.1%←0.0%)
・米・1月建設支出:前月比+1.3%(予想:+0.5%、12月:-0.8%←-0.6%)