■強含み、中国本土株式の堅調地合いなどが好感される



先週の豪ドル・円は強含み。豪ドル金利の先高観は後退したが、ユーロ買い・円売りの取引が増えたこと、米長期金利の低下、中国本土株式の堅調推移などを意識して、リスク選好的な豪ドル買い・円売りが優勢となった。取引レンジ:77円91銭-79円25銭。



■底堅い展開か、中銀議事要旨や雇用統計に注目



今週の豪ドル・円は底堅い展開か。豪準備銀行(中央銀行)の3月理事会議事要旨の発表があるが、金融政策の中立スタンスが再確認されるとみられ、豪ドルは買いづらい。一方、中銀が同理事会での声明で「労働市場は引き続き力強い」と指摘するなか、2月雇用統計の発表が注目される。



○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント

・19日:豪準備銀行の3月理事会議事要旨

・21日:2月雇用統計(1月:失業率5.0%、雇用者数増減+3.91万人)



予想レンジ:78円00銭-81円00銭