ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。ユーロ圏の企業景況感は改善していないことやインフレ鈍化の可能性は残されていることから、ユーロの対円レートは主に125円台後半で推移し、やや上げ渋る見込み。



【ユーロ売り要因】

・ユーロ圏の成長リスクは下向き

・米国がEU輸入品に対する報復関税措置を警告

・欧州中央銀行(ECB)の政策金利は年内据え置きへ



【ユーロ買い要因】

・米中貿易協議進展への期待

・米利上げ局面は終了との思惑

・英国のEU離脱期限は10月31日に再延期される