11月1日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。中国の製造業の回復期待からクロス円が上昇し、ドル・円を押し上げる見通し。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)の目先の金融政策運営に不透明感もあり、ドルの買い戻しを抑えそうだ。



米中両国は先の貿易協議での部分合意について署名する方向だが、前日の欧米市場では中国当局者が包括的な合意の実現性に疑問を抱いているとの報道が嫌気された。それを受け、米中摩擦再燃の懸念から円買い優勢となり、ドル・円は108円を割り込んだ。ただ、その後、トランプ米大統領が中国の習近平国家主席との間で署名に意欲を示したことで円買いは後退。本日のアジア市場では、中国の10月財新製造業PMIの堅調な内容が好感され、豪ドル・円などクロス円が強含んだ。ドル・円は朝方の取引で107円台後半に下げた後、国内勢による押し目買いで108円付近を維持した。



この後の海外市場でも、米中協議の進展や中国製造業の回復に対する期待感でやや円売りに振れやすい展開となりそうだ。今晩は米国の雇用統計とISM製造業景況指数の発表が焦点。雇用統計は非農業部門雇用者数が鈍化するものの、低失業率が維持されるほか平均時給は前年比+3%程度が見込まれる。一方、前回2カ月連続で50を下回ったISM製造業景況指数は、今回も50割れだが前月から反発が予想され、ドルの買い戻しがある程度入りそうだ。ただ、10月29-30日の連邦公開市場委員会(FOMC)の慎重姿勢が意識され、目先の利下げ継続への思惑が根強くドル買いは小幅にとどまろう。(吉池 威)



【今日の欧米市場の予定】

・18:30 英・10月製造業PMI(予想:48.2、9月:48.3)

・21:30 米・10月非農業部門雇用者数(予想:+8.5万人、9月:+13.6万人)

・21:30 米・10月失業率(予想:3.6%、9月:3.5%)

・21:30 米・10月平均時給(前年比予想:+3.0%、9月:+2.9%)

・22:30 カプラン米ダラス連銀総裁講演

・22:45 米・10月製造業PMI改定値(予想:51.5、速報値:51.5)

・23:00 米・10月ISM製造業景況指数(予想:48.9、9月:47.8)

・23:00 米・9月建設支出(前月比予想:+0.2%、8月:+0.1%)

・02:00 クラリダ米FRB副議長講演(NYジャパンソサイエティー)

・02:00 クオールズ米FRB副議長が討論会参加(エール大学)

・02:00 デイリー米サンフランシスコ連銀総裁講演(ハワード大学)

・03:30 ウィリアムズNY連銀総裁質疑応答(ラトガーズ大学)